電動シャッター 後付けの価格、費用を紹介。ガレージ、車庫、窓だといくらかかるのか?自分でできる?

スポンサーリンク

車庫、ガレージや窓を電動シャッターにすると、毎日の開閉がとても楽になります。

このページでは、電動シャッターを後付けするには、どれくらいの工事費用、期間がかかるのかといった点を中心に紹介します。

・シャッターがない状態(雨戸など)から電動シャッターにする場合

・手動シャッターを電動シャッターに変更する場合

それぞれ紹介します。

今から電動シャッターを設置をしようと考えている人に読んでもらいたい記事です。

シャッターがない状態から後付けする場合の価格、日数

まずは、今現在シャッターがない状態の場所に電動シャッターを後付けする場合の費用、工事にかかる時間などを紹介します。

雨戸やフェンスなどが、なにもない場合

電動シャッターを取り付けようと考えている場所に、今現在雨戸やフェンスなどがない場合。

単純に電動シャッターを設置する場合の費用を紹介します。

<車庫、ガレージ>
・ガレージの場合
車庫がガレージタイプの場合、上部にシャッターを取り付けるだけで済むため、比較的安い費用で工事することができます。

1台用・・・50万円~80万円

2台用・・・70万円~110万円

工事期間は、1日~2日程度です。

・カーポートの場合
車庫がカーポートの場合、左右にガレージ用の柱を設置する必要があるので、工事費用は高くなります。

1台用・・・80万円~100万円

2台用・・・120万円~150万円

工事期間は、3~5日程度です。

<窓>
掃出し窓・・・30万円程度

腰高窓・・・15万円程度

工事期間は、1日程度です。


掃出し窓とは、床から天井近くまである大きな窓のこと。

腰高窓とは、腰のあたりからの小さい窓のこと。

雨戸やフェンスなどがある場合

今現在、雨戸やフェンスなどがある場合は、まずはそれを撤去してから電動シャッターを設置する必要があります。

そのため、それらの撤去費用が単純に上乗せされる形になります。

雨戸であれば数万円、車庫のフェンスの場合でも撤去費用は10万円もかかりません。

スポンサーリンク

手動シャッターを電動シャッターにする場合の価格、日数

次に、すでに手動シャッターが設置されており、それを電動シャッターにする場合を紹介します。

手動シャッターを電動シャッターにする方法は大きく分けて二つ。

手動シャッターを撤去して新しく電動シャッターを設置する方法と、手動シャッターにモーターを取り付けて電動化する方法があります。

手動シャッターを電動シャッターに交換する

ある程度年数が経っている(10年以上~)シャッターであれば、手動シャッターを撤去して、新しく電動シャッターを設置することをおすすめします。

手動シャッターを撤去して電動シャッターを設置することにかかる費用の目安は、以下のとおりです。

<車庫、ガレージ>
1台用・・・60万円~90万円

2台用・・・80万円~120万円

工事期間は、1~2日程度です。

<窓>
掃出し窓・・・30万円~40万円

腰高窓・・・20万円

工事期間は1日程度です。

手動シャッターにモーターを取り付けて電動化する

比較的あたらしい(10年以内程度)手動シャッターの場合、モーターを後付けすることで電動化することができます。

手動シャッターの上部の巻取り部分に後付けでモーターを設置して電動化することができる商品が色々と販売されています。


出典https://www.bunka-saitama.co.jp

手動シャッターにモーターを取り付けて電動化するのにかかる費用の目安は、以下のとおりです。

<車庫、ガレージ>
1台用・・・20~30万円

2台用・・・30~40万円

<窓>
掃出し窓・・・10万円~20万円

腰高窓・・・10万円程度

工事期間は、どちらも1日です。

まず、現在設置されているシャッターが電動化に対応しているものなのかを確認する必要がありますが、ここ10年くらいのものであれば、半数以上が、モーターを取り付けるだけで電動化することができます。

電動化に対応しているものであれば、一度撤去してあたらしく電動シャッターを設置するノニ比べれば、半分~3分の1程度の費用で済みます。

こういったタイプのものでも、壁に取り付けるリモコンや、持ち運びのできるリモコンで開閉をすることができます。

残念ながら電動化に対応していないものだった場合、手動シャッターを撤去してから新たに電動シャッターを設置する必要があります。

電動化した場合の耐久年数

手動シャッターにモーターを取り付ける方法って、耐久年数がどれくらいなのか気になる方が多いかと思います。

電動化するためのモーターの耐久年数は15年程度と、新品の電動シャッターと同程度確保されています。

ただ、元々の手動シャッターが古くて錆びて穴が空いてしまった。などの場合はどうしようもありませんので、モーターを後付けして電動化する方法は、設置してから10年以内の手動シャッターの場合におすすめしています。

スポンサーリンク

電動化できるならとてもおすすめ

電動シャッターを取り付ければ、毎日の開閉作業がとても楽になります。

もし、モーターを後付けして電動化することができるものなら、費用も安く抑えることができるので、とてもおすすめです。

一番悩むのは、手動シャッターがまだ新しく、かつ電動化に対応していないものであった場合です。

自分たちがまだ若く、多少の面倒を我慢できるなら、あと10年、15年頑張って、交換の時期になってから電動シャッターに交換する。というのでも良いかと思います。

窓、ガレージのサイズによって価格はまちまち

ガレージに電動シャッターを取り付ける場合の価格、費用は50万円~150万円程度

窓に電動シャッターを取り付ける場合の価格、費用は10万円~30万円程度になると紹介しましたが、もちろん、ガレージや窓の大きさ、電動シャッターの機種によって大きく変わってきます。

素人には、その工事費用が適切なのかどうなのか、なかなか判断がつかないかと思うので、見積もりは3社以上から取るようにしましょう。

電動シャッターの後付けを、自分でDIYするのは無理!

たまに、電動シャッターを自分で設置できないか。と聞かれることがあります。

ですが、電動シャッターは技術を持ったプロでないと、取り付けは危険であり、基本的には素人が自分で設置するのは無理です。

私が相談を受けた友人にも、自分でやるのは無理だから、業者にお願いするように伝えて、知り合いの業者を教えるようにしています。

手動シャッターなら、自分で取り付けできないことはないのですが(それでもおすすめできませんが)、電動シャッターは更に難易度が高いので、自分で取り付けるのは無理だと思っておきましょう。

リフォーム、新築を検討中の方へ

リフォームを検討している方は、タウンライフリフォームというサイトで、複数社から見積もりを取ることをおすすめします。

車や引っ越しの一括見積もりは結構普及してきましたが、リフォームの一括見積もりはまだまだ知られていません。

リフォームでは、相見積もりを取ることが大切と言われていますが、このサイトを使えば、簡単に相見積もりを取ることができます。もちろん無料です。

私の知り合いも何人か使っていますが、簡単に相見積もりが取れるということで好評です。

もちろん、必ずどこかと契約しないといけないというわけではないので、気に入ったプランがなければ、見送ることもできます。

今から新築を検討している方は、複数の注文住宅メーカーを一括比較することができる、タウンライフ家づくりがおすすめです。

間取りプランや、おおよその資金計画、土地計画などを無料でつくってもらうことができます。

もちろん、こちらも満足いくプランの提案がなければ、必ず契約しなければいけない。ということはありません。

関連記事

こちらのページでは、電動シャッターのメリット、デメリットや、メンテナンス方法、停電時の対処法を紹介しています。

電動シャッターのメリット、デメリット、メンテナンス方法(注油)、停電時の開け方を紹介します。電動シャッターの動作音、駆動音はうるさいのか?動画もいくつか紹介します。

こちらのページでは、電動シャッターにして満足している人の声、後悔している人の声を紹介しています。

電動シャッターにして、満足している人の声、後悔している人の声を紹介します。防犯性の高さ、開閉の楽さ、高齢者の負担、雨の日に濡れない、車から降りなくて良いなどなど、満足の声の方が多いです。後悔しているのは、あまり使わない人や、リモコンを紛失した人など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする