電動シャッターにして、満足している人、後悔している人の声7選!防犯性、リモコン紛失などなど

電動シャッターにして、満足している人と、後悔している人の声を集めました。

防犯の面で安心できて満足している人、開閉が楽だと満足している人、雨の日に濡れなくなったと喜んでいる人がいる一方、200万もかけた割にあまり使わなかったと後悔している人、リモコンをよく無くして苦労している人などもいます。

電動シャッターにしようか、手動シャッターにしようか迷っている人に読んでもらいたい記事です。

電動シャッターにして満足している人の声

まずは、電動シャッターにして満足している人の声を紹介します。

防犯性がアップして満足している人

40代 男性 Yさん

レクサスLXを購入したのに合わせて、車庫をカーポートから、ガレージにして、電動シャッターを取り付けました。

レクサスLXは、ランドクルーザーのレクサス版で、盗難率がとても高いことで知られている車なので、盗難がとても心配です。

電動シャッターが閉まっていると、こじ開けて侵入するのは至難の業なようなので、安心できます。

また、電動シャッターにあわせて、センサーライトと防犯カメラも設置して、厳重に管理しています。

【管理人追記】
電動シャッターは、手動シャッターとは違い、こじ開けるのが非常に難しいです。

電動シャッターを手動で開ける方法は、こちらで紹介しているので、参考に「停電時の開け方」の項目を読んでみてください。

電動シャッターのメリット、デメリット、メンテナンス方法(注油)、停電時の開け方を紹介します。電動シャッターの動作音、駆動音はうるさいのか?動画もいくつか紹介します。

電動シャッターを手動で開けるのがどれほど大変なことなのか、分かるかと思います。

逆に、停電の時には困ってしまう理由にもなるのですが、防犯性は非常に高いです。

それこそ、工具を使ってシャッターに穴を開けるくらいのことをしないと開けることはできません。

毎日の開閉が楽で満足している人

30代 女性 Dさん

毎日開閉する部分だけ電動シャッターにして、100万円と少しかかったのですが、毎日ボタンを押すだけで開け閉めできて、とても楽です。

それから、前に住んでいた家は手動シャッターで、開け閉めするために外に出る時にご近所さんと顔を合わせたら、そこからちょっとした立ち話になったりすることもあったんですが、それがちょっと面倒でした^^;

電動シャッターにしてから、開け閉めするために外に出ることもなくなったので、そういったこともなくなり、気が楽です。

 

実家の両親が喜んでくれている人

40代 男性 Aさん

実家の両親は70代になるのですが、毎日雨戸を開け閉めする習慣があります。

しかも、その雨戸は古くて滑りが悪く、開け閉めするのに結構力がいるのです。息子の私でも苦労するくらいです。

雨戸の開け閉めを大変そうにしている姿をよく見ていたので、今回、親孝行も兼ねて、雨戸を撤去して電動シャッターをあたらしく設置しました。

毎日の開け閉めがとても楽になったと、とても喜んでくれています。

たまには掃除やメンテナンスをしに顔を出しにいきたいと思っています。

若ければ、少しくらい大変でも良いでしょうが、高齢な方には電動シャッターは特におすすめですね。

雨の日に濡れなくて満足している人

50代 男性 Oさん

電動シャッターは、わざわざ外に出なくて良い、自分で開け閉めしなくて良いというのもとても大きなメリットですが、一番良かったと思っているのは、雨の日に濡れないことです。

片手で傘をさしながらシャッターを開け閉めするのは、結構面倒ですし、傘がブレてちょっと濡れます。

電動シャッターは、決して安いものではないですが、10年以上毎日使うことを考えれば、コストパフォーマンスとしては悪くないと思います。

毎回車から降りずに開閉しなくて満足している人

50代 男性 Sさん

自宅のガレージのシャッターが古くなったので、電動シャッターにしました。

今までは手動だったので、車を出して、一旦車から降りてシャッターを閉めたり、帰ってきた時も一度車から降りてシャッターを開ける必要がありました。

面倒な時は開けっ放しで出かけることもありました。なんのためにシャッターがあるのやら。って感じですよね。

電動シャッターにしてから、雨の日でも車の中からリモコンを押すだけで開閉できるので、毎日ちゃんと閉めて出かけるようになりました。

【管理人追記】
電動シャッターは、開閉する時に人が挟まれたりする可能性があるので、目視で確認できるところから操作するようにしましょう。

特にガレージのシャッターの場合、少し離れたところからでも電波が届くため、車で近づきながらシャッターを開けたり、シャッターを閉めながら離れてしまったりする人は多いと思いますが、万が一事故があった場合、目を離していると責任問題にもなりかねません。

 

電動シャッターにして後悔している人の声

次に、電動シャッターにして後悔している人の声を紹介します。

あまり使わなくて後悔している人

30代 女性 Sさん

シャッターをつけるなら、手動より電動の方が絶対良いよね!と思って、窓のシャッターを全部電動にしました。

いざ住んでみたら、シャッターを開け閉めする機会が全然ありません!

毎日開け閉めする人もいるみたいですが、家はずっと開けっ放しです。

長期間旅行に行く時とか、台風が接近している時くらいしか閉めません。

よりによって、全部電動にしてしまったので、200万円以上かかっています。

かなりもったいなかったな。と後悔しています。

リモコンを何度もなくして後悔している人

40代 男性 Hさん

ガレージのシャッターを電動にしたのですが、リモコンを何度もなくしてしまい、これまでに2回作り直しています。

基本的には車の中に置いておくようにしているんですが、たまに家に持って帰った時に家に置きっぱなしにしていることを忘れていたり、車の中でシートの隙間に落ちていたり、軽くパニックです。

ガレージの中にも操作できるボタンはあるので良いんですけど、これじゃあ手動シャッターと変わらないですよね(笑)

私がなくすから悪いんですが、リモコンを無くしてあたふたしたり、あたらしいリモコンが届くのを待っている手間を考えたら、手動でもあまり変わらなかったかな?と思っています。

 

ほとんどの人が満足している

今回、電動シャッターにして満足している人の声、後悔している人の声をあつめるにあたって、できるだけ満足の声と後悔の声を同じくらい集めるように頑張ったのですが、後悔している人の声はほとんど集まりませんでした。

しかも、後悔している人は、結局使わなかったとか、リモコンをなくす。とか、そういった内容です。

これは、電動シャッターが悪いわけではありませんよね。

それだけ、電動シャッターは満足している人の方が多い設備だということです。

私も新築営業をしていた時に、手動にするか、電動にするか、相談を受けることはよくありました。

最近の新築住宅では、雨戸ではなく、シャッターを採用する家がほとんどなのですが、そんな中で手動にしようか、電動にしようか迷うご家族は結構います。

そんな時は、予算が許す限り、多く開閉するところを優先して電動にすることをおすすめしていました。

リフォーム、新築を検討中の方へ

リフォームを検討している方は、タウンライフリフォームというサイトで、複数社から見積もりを取ることをおすすめします。

車や引っ越しの一括見積もりは結構普及してきましたが、リフォームの一括見積もりはまだまだ知られていません。

リフォームでは、相見積もりを取ることが大切と言われていますが、このサイトを使えば、簡単に相見積もりを取ることができます。もちろん無料です。

私の知り合いも何人か使っていますが、簡単に相見積もりが取れるということで好評です。

もちろん、必ずどこかと契約しないといけないというわけではないので、気に入ったプランがなければ、見送ることもできます。

今から新築を検討している方は、複数の注文住宅メーカーを一括比較することができる、タウンライフ家づくりがおすすめです。

間取りプランや、おおよその資金計画、土地計画などを無料でつくってもらうことができます。

もちろん、こちらも満足いくプランの提案がなければ、必ず契約しなければいけない。ということはありません。

関連記事

こちらの記事では、電動シャッターのメリット、デメリットや、メンテナンス、停電時の開け方などを紹介しています。

電動シャッターのメリット、デメリット、メンテナンス方法(注油)、停電時の開け方を紹介します。電動シャッターの動作音、駆動音はうるさいのか?動画もいくつか紹介します。

こちらの記事では、電動シャッターを後付けするのにかかる費用について紹介しています。

電動シャッターを後付けするのにかかる価格、工事費用、工事期間を紹介します。車庫(ガレージ、カーポート)、窓(掃出し窓、腰高窓)それぞれ紹介します。