【有機ELテレビ 失敗/後悔/欠点/メリット/デメリット】焼き付きやすい、寿命が短い、暗い、有機ELテレビは、いらない。との声も

スポンサーリンク

美しい映像を表現することができる、有機ELテレビの購入を考えている方も、多いのではないでしょうか。

有機ELテレビには、長所もあれば、欠点もあります。

このページでは、有機ELテレビの長所、欠点、メリット、デメリットを紹介します。

有機ELテレビを買って後悔しないために、事前に参考にしてくださいね。

有機ELテレビの失敗、欠点、後悔しやすい点

まずは、有機ELテレビの欠点、後悔しやすいポイントを紹介します。

有機ELテレビの失敗、後悔点1:暗い

有機ELテレビの明るさ(輝度)は、液晶テレビよりも暗いという欠点があります。

これは、バックライトで全体を光らせる液晶と、1つ1つの小さなドットが自ら発光する有機ELの仕組みの違いからくるものです。

そのため、陽の光が入る明るい部屋でテレビを見る習慣がある方は、見づらいと後悔することがあるかもしれません。

有機ELテレビの失敗、後悔点2:寿命が短い

有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイよりも寿命が短いという欠点があります。

最近の有機ELテレビの寿命は3万時間程度、液晶テレビの寿命は6万時間程度です。

1日数時間テレビをつけるだけなら、あまり関係ありませんが、仮に24時間つけっぱなしにするなら、3年半くらいが寿命の目安となってしまいます。

また、最近の有機ELテレビでは少なくなってきましたが、そもそも、有機ELという技術自体が発展途上であるため、熟成している液晶テレビよりも故障率が高い。という時期もありました。中古品を購入する時は、要注意です。

【追記】
最近は、有機ELテレビも技術革新が進み、液晶テレビとの寿命の差は、それほどなくなってきました。

有機ELテレビの失敗、後悔点3:焼き付きやすい

有機ELテレビは、液晶テレビよりも焼き付きやすいという欠点があります。

有機ELの焼き付きは、テレビよりもスマホで問題になりやすいのですが、スマホのホーム画面など、長時間表示している内容が焼き付いて、他の画面を開いても残像が残ってしまう。というものです。

普通のテレビ放送や映画を見る分には、焼き付きの心配をする必要はないのですが、いつも同じ写真を映しておきたい。とか、いつも同じ番組ばかり長時間見る。という人は注意が必要です。

有機ELテレビの失敗、後悔点4:値段が高い

有機ELは、基本的に高級機種に搭載されており、大画面で値段が高い傾向にあります。

高級機種に多いということもあって、様々な付加機能が搭載されているため、単純にパネルだけの価格差ではありませんが、同じサイズだと、有機ELテレビは液晶テレビの2倍ほど高くなります。

有機ELテレビの失敗、後悔点5:消費電力が多い

有機ELテレビは、液晶テレビよりも消費電力が多いという欠点があります。

おおよそ、液晶テレビの1.5倍ほど消費電力が多いです。

最近は電気代が高騰しているということもあり、液晶テレビとの電気代の差は大きくなってきています。

長時間テレビをつける人は、電気代が高くて後悔することになるかもしれません。

有機ELテレビの失敗、後悔点6:大画面しかない

有機ELテレビは、各メーカーが高級機種を中心にラインナップしているということもあり、基本的に42インチ以上しか販売されていません。

コンパクトな有機ELテレビは、そもそもラインナップがありませんから、小さいテレビを求めている方は液晶テレビを選ばざるを得ません。

スポンサーリンク

有機ELテレビの長所、メリット

次に、有機ELテレビの長所、メリットを紹介します。

有機ELテレビの長所1:黒がはっきりしている

有機EL最大の長所は、黒をはっきりと表現することができることです。(コントラスト比が高い)

液晶テレビは、背面全体をバックライトで照らしているため、黒を表現する時も、うっすらバックライトの明るさが漏れてしまいます。

それに対し、有機ELテレビで黒を表現する時は、そのドットが完全消灯するので、真っ黒を表現することができます。

こちらの動画はスマホですが、有機ELと液晶の黒の表現の違いが分かりやすいです。

有機ELテレビの長所2:応答速度が早い

有機ELの応答速度は、液晶の1000倍もあります。

テレビ放送の場合は、送られてくる情報のフレームレートが29.97fpsですから、それ以上にはなりませんが、ゲームをプレイする時は、応答速度の差が如実に現れます。

特にオンライン対戦ゲームなどでは、わずかな応答速度の差が勝敗を分けることもあります。

有機ELテレビの長所3:視野角が広い

有機ELテレビは、液晶テレビよりも視野角が広いという長所があります。

液晶テレビは、大人数で観る時など、斜めから見ると色合いが変わってしまうことがありますが、有機ELは斜めから見ても色合いは変わりません。

大人数で見ることが多い人や、部屋のレイアウト上、斜めから見ることが多い人には、有機ELテレビがおすすめです。

有機ELテレビの長所4:薄い

有機ELテレビは、液晶テレビと違ってバックライトが必要ないので、薄い製品が多いです。

薄い方がスタイリッシュですし、壁掛けする時にも飛び出しが少なく、スマートに収まります。

有機ELテレビの長所5:軽い

有機ELテレビは、バックライトが必要ないなどの理由で、液晶テレビよりも軽い製品が多いです。

壁掛けをする時など、軽いほうが壁へ負担が少なく、設置がしやすいというメリットがあります。

スポンサーリンク

有機ELテレビで後悔している人の失敗談

違いがわからない

有機ELは綺麗ですよ。と店員さんに勧められて買ったのですが、正直、私にはあまり違いが分かりませんでした。

映画を観たり、スポーツを見たりする人には分かるのでしょうか。

ドラマやバラエティー番組しかみない私のような人には、必要ないと思います。

大きすぎた

有機ELテレビが欲しいと思って50インチのものを買ったんですが、私の6畳の部屋には大きすぎて、目が疲れるようになってしまいました。

有機ELテレビは大きなものしかなかったので、大きなテレビがあればかっこいいだろう!と思って買ったのですが、失敗でした。

こちらの失敗談は、有機ELテレビの失敗談というよりも、テレビのサイズに関する失敗談です。

テレビは大きすぎても、小さすぎても不満を感じやすい家電です。

テレビの大きさについては、こちらのページで選び方などを紹介しています。

【テレビ サイズ、大きさの後悔、失敗談】大きすぎた、小さすぎた、疲れる、気持ち悪いなど。大きいテレビのデメリットは?

有機ELテレビは、いらない。という人も多い

さて、ここまで、有機ELテレビの長所、欠点を紹介しましたが、有機ELテレビなんていらない。液晶で十分だ。という人も、結構多いです。

テレビは観ることができれば良い。画質にこだわりがない人にとっては、有機ELテレビは、ただ高いだけです。

有機ELテレビは価格が高いですから、ここで紹介した長所に特に魅力を感じない人は、液晶テレビで十分でしょう。

有機ELテレビ、各メーカーの特徴

有機ELテレビは、各メーカーの高級機種を中心にラインナップされているため、様々な付加機能、付加価値が与えられています。

各メーカーの有機ELテレビ(特に上位機種)の特徴を紹介します。

ソニーの有機ELテレビの特徴

ソニーの有機ELテレビは、画面自体が振動し、画面本体から音が出るという特徴があります。

そのため、本体下部にスピーカーがついている一般的なテレビよりも、臨場感、一体感を楽しむことができます。

また、XRという認知特性プロセッサーが搭載されており、人の認知特性を取り入れることで、これまでにない没入体験を実現しています。

パナソニックの有機ELテレビの特徴

パナソニックの有機ELテレビは、テレビの上下左右から音が出る立体音響により、臨場感のある音響を実現しています。

また、LGからパネルごと仕入れるのではなく、セルを仕入れて自社で組み立てることにより、最適な映像処理を行い、より美しい画質を実現しています。

東芝の有機ELテレビの特徴

東芝の有機ELテレビには、レグザエンジンZRαが搭載されており、人が見ている世界をより自然な美しさで再現することができます。

また、10個のスピーカーにより、より自然で、深い没入感を実現しています。

シャープの有機ELテレビの特徴

シャープといえば液晶のイメージがあるかもしれませんが、有機ELテレビもあります。

シャープは、有機ELよりも、XLEDという、液晶テレビと有機ELの良いところどりをしたようなテレビに力を入れています。

LGの有機ELテレビの特徴

日本国内では、家電はまだまだ日本メーカーのシェアが高いですが、有機ELテレビにおいては、LGの存在感はとても大きいです。

テレビのような大型有機ELディスプレイの世界シェアは、LGが圧倒的な首位で、日本メーカーもパネルはLG製を採用していることが多いです。

LGの有機ELテレビは、自社でパネルを大量生産できることから、比較的価格が安いという特徴があります。

また、画面が湾曲しているOLED Flexも今後投入されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする