【愛知、名古屋 移住】失敗、後悔、最悪、やめとけ、二度と住みたくないという人も。メリット、デメリット8選。遊ぶところがない

 

愛知県、名古屋に移住を考えている方、移住して理想の生活を送ることができるのか、不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

このページでは、愛知、名古屋移住のメリット、デメリットや、満足している人、失敗、後悔している人の声、移住におすすめのエリアを紹介します。

愛知、名古屋移住のメリット

愛知、名古屋移住のメリット1:街がコンパクト

名古屋の中心部は、東京や大阪に比べて街がコンパクトで、移動に時間がかかりません。

ほとんどの店舗、施設は、名古屋駅周辺か栄周辺に集まっています。

また、少し郊外に行けば自然豊かな地域も近いのが特徴です。

愛知、名古屋移住のメリット2:東京、大阪よりも家賃が安い

中心部の家賃が東京、大阪よりも安いだけでなく、名古屋は、東山線の東部を除き、中心部から少し離れると、家賃がグッと下がるのも特徴です。

ですから、比較的中心部へのアクセスの良い地域でも、手頃な家賃で住むことができます。

愛知、名古屋移住のメリット3:仕事が多い

愛知県はトヨタ自動車をはじめとした製造業の企業、工場がとても多く集まっています。

ですから、製造業中心にはなりますが、仕事が多く、移住しても仕事に困ることはないでしょう。

愛知、名古屋移住のメリット4:東京、大阪に行きやすい

名古屋は東京と大阪の間に位置しているため、どちらにも行きやすいです。

名古屋に物足りなさを感じたら、東京や大阪に遊びに行くこともできます。

名古屋から東京までは1時間40分程度、名古屋から大阪までは50分程度です。

 

愛知、名古屋移住のデメリット

愛知、名古屋移住のデメリット1:夜まで遊べる店が少ない

夜遅くまで遊べる店、飲み屋さんが、東京、大阪のみならず、札幌や福岡に比べても少ないです。

バーや居酒屋も0時ごろまでには、ほとんど閉まってしまっていますし、始発まで飲み明かせるような店は少なく、夜に飲み歩くことが好きな人には、物足りないかもしれません。

愛知、名古屋移住のデメリット2:車がないと不便

愛知県の名古屋市以外の全域、名古屋市でも中心部以外は、車がないと何かと不便です。

愛知県は自動車保有台数日本一の県です。裏を返すと、それだけ車が必要だということです。

愛知、名古屋移住のデメリット3:閉鎖的

愛知、名古屋は、東京や大阪のように広域から人が集まってくることはなく、基本的には岐阜県、三重県東部、静岡県西部の東海地方から来ている人がほとんどです。

ですから、東京や大阪に比べると、他の地方から来た人に対して、「よそ者扱い」をされていると感じてしまう方もいます。

東京は全国から人が集まるので、どこから来ていてもよそ者扱いはされない。

大阪は関西、北陸、中国、四国地方以外から来た人はよそ者と言えばよそ者ですが、元々人付き合いの親密な地域ですから、よそ者扱いというより、距離が近すぎて困っている人の方が多いくらいです。

それらに比べると、愛知、名古屋は閉鎖的というのは否定できません。

愛知、名古屋移住のデメリット4:名古屋めしはクセが強い

名古屋めしは、味噌カツ、ひつまぶし、手羽先、台湾ラーメン、スガキヤラーメン、きしめんなど、クセが強めなものが多いです。

ひつまぶしや味噌煮込みうどん、台湾ラーメンは、それほど日常的に食べるものではありませんが、味噌カツやスガキヤラーメンなどは名古屋では日常に溶け込んでいるフードです。

とんかつチェーンの「かつや」も、愛知県の店舗には味噌ダレが用意されているくらいです。

スガキヤラーメンも、愛知県ではマクドナルドに匹敵する店舗数がありますが、他の地域から来た人は苦手だという人も多いです。

食事に関しては、名古屋めしが口に合わないのであれば、全国チェーンで食事をすれば良いだけなので、問題ないでしょう。

 

名古屋には何もないということは、ない

よく、名古屋には何もない。と言われますが、それは観光についてであって、日常生活をする分には、一通りのお店は揃っています。

栄か、名古屋駅周辺(名駅)で一通りの用事を済ませることができるので、楽です。

また、名古屋市内にも大きなイオンモールが複数あり、大きな繁華街をウロウロしたくない人は、イオンモールで十分です。

東山動植物園や名古屋港水族館、三重県にはなりますが近いところにナガシマスパーランドなどがあるので、たまに遊びに行く場所はいくつもあります。

愛知、名古屋移住でおすすめの市町村

車がないなら、名古屋市中心部がおすすめ

名古屋で車を持たずに生活するなら、かなりの中心部でないと便利な生活は遅れません。

具体的には、東山線の名古屋駅~今池駅、名城線の金山駅~大曽根駅の範囲内であれば、車がなくても便利な生活が送れるでしょう。

中心部ほどではありませんが、東山線の高畑駅~亀島駅の間は、便利な割に家賃、地価の安い穴場な地域です。

もっと家賃を抑えたいのなら、中心部ではない地下鉄駅の近くがおすすめです。各店舗、施設の密度が低くなるので移動が大変にはなりますが、電車、バス、自転車を駆使すれば何とか生活はできます。

教育を重視するなら、名古屋市東部~長久手市、日進市

名古屋市東部(東山線星ヶ丘駅よりも東)~長久手市、日進市などは、比較的教育熱心の課程が多く、かつ他の地域からの移住者、転勤者も多いので溶け込みやすい地域です。

ただし、これらの地域に住むのであれば車がないと不便ですし、交通の便がそれほど良くない割には家賃、地価がそんなに安くありません。

コストパフォーマンスとしてはあまり良くないので、教育や治安を重視するのでなければ、他にもっと安くて便利な地域はあります。(先ほど紹介した、東山線の高畑駅~亀島駅などがあてはまります。)

中心部以外は、どこでも自然は豊富

愛知県は都市化されている地域が東京や大阪に比べれば狭く、名古屋市中心部以外は、どこでも自然は豊富です。

自然豊かな地域で過ごしたい。というなら、名古屋市郊外~その他の市町村でも中心から少し外れた地域を選べば、のんびりと過ごすことができるでしょう。

 

愛知、名古屋に移住して、満足している人の声

・名古屋は何もない。つまらない。と聞いていましたが、熊本出身の私にとっては何でもあるし、めちゃくちゃ楽しいです。福岡よりも都会なわけですから当然ですよね。

・大須商店街には、古着が安い店がたくさんあるので、古着好きの私には最高の場所です。

・工場の仕事がめちゃくちゃ多く、他所から来ても仕事には困りません。出稼ぎに来る人がたくさんいるくらいです。

愛知、名古屋に移住して、失敗、後悔している人の声

・東京から来ましたが、遊ぶ場所が名駅か栄にしかない。お店もどこにでもあるような店ばかりで、つまらない。転勤だったので仕方がないですが、正直、私は二度と住みたくないです。

・妻の実家が愛知県だったので大阪から名古屋に移住しましたが、夜の店が閉まるのが早すぎて楽しめません。24時間営業や、朝5時までやっている店は、本当に少ないです。

・電車が、基本的に名古屋駅に向かうための路線しか充実しておらず、車がないと不便です。バスも、名古屋市内でも30分~1時間に1本しかない路線が多く、東京と同じ感覚では住めません。

名古屋に移住をして後悔している人は、東京、大阪やその近辺から引っ越してきた人が多い印象です。

東京や大阪に比べれば田舎ですから不便というのは仕方がないですが、その他の地域から来た人にとっては、閉鎖的だということだけ乗り越えられれば、それほど不便には感じないかと思います。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする