北海道移住で、やめとけばよかった。騙された。と後悔しないために。仕事がないなど、メリット、デメリットを紹介

 

美味しい海産物や、雄大な自然など、北海道移住にあこがれている人は、多いのではないでしょうか。

一方で、やめとけばよかった。と後悔している人もいます。

このページでは、北海道移住のメリット、デメリットと、後悔している人の声を紹介します。

北海道移住のメリット

メリット1:食べ物が安くて美味しい

北海道といえば、おいしい食べ物の宝庫です。

海産物、農産物、畜産物、どれもが安くて美味しいので、食通には最高の場所です。

食べ物が美味しいから北海道に移住したい。という人はとても多いです。

メリット2:家賃が安い

北海道の土地は広大なので、全体的に家賃相場は安いです。

札幌市でも、五大都市といわれる東京、大阪、名古屋、福岡よりも安く、駅チカで1LDKの部屋が5万円台で普通に見つかります。

北海道は給料の相場も安いのですが、家賃と食べ物が安いことで、現地で仕事を見つける移住者でもなんとか生活はできます。

メリット3:大自然と触れ合える

北海道には、広大な自然がたくさんあります。

札幌市内や札幌市周辺にも自然はたくさんありますし、中部、北部に行けば、本州では体験できないような大自然と触れ合うことができます。

自然に魅せられて北海道移住を考える人は、とても多いです。

メリット4:室内は暖かい

北海道はとても寒いのですが、室内は暖かいです。

外が寒い分、室内をとても暖かくする習慣があるようで、室内温度は全国一高いのが北海道です。

家も断熱がしっかりしている物件が多く、家の中にいる分には快適です。

家賃の安い物件でも、外張り断熱や、二重窓になっているのが当たり前です。

メリット5:夏は涼しい

北海道の夏は、本州に比べると涼しく、快適です。

夏場の最高気温が30度を超えることは、あまりありません。

少し前までは、冷房がない家が多かったくらいです。

ただし、最近は札幌近辺でも最高気温が35度になるなど、暑い日が増えてきています。(それでも本州よりはマシですが)

 

北海道移住のデメリット

デメリット1:冬の寒さが厳しい

多くの人が想像できることかとは思いますが、北海道の冬の寒さは、シャレになりません。

札幌近辺でも、最低気温がマイナス10度近くになることがあり、30分も歩いていると凍えてしまいます。

札幌駅~大通間など、地下道が充実しているので、寒い日は地下道を利用するようにしましょう。

デメリット2:暖房費がかかる

北海道の家は断熱がしっかりしてはいますが、冬がとても寒いので、どうしても暖房費はかかります。

北海道の一世帯あたりの灯油にかかる金額は、約7万円と、全国平均の4~5倍となっています。

特に最近は、電気代、ガス代、灯油代が高騰しているので、暖房費はある程度見込んでおく必要があります。

デメリット3:給料が安い、仕事がない

北海道の平均年収は369万円と、47都道府県中34位です。

現地で仕事を見つける場合、家賃や食料品が安いのは良いのですが、給料が安く暖房費がかかる点で、あまりゆとりのある生活はできないかもしれません。

また、札幌市周辺以外だと、仕事の量が極端に少なくなります。(札幌市でも、東京、大阪、名古屋に比べると条件の良い仕事はとても少ないです。)

北海道に移住したは良いけど、仕事がない。と後悔している人は、結構多いです。

お金がなければ、充実した移住生活を送ることはできませんからね。

給料と生活費のバランスという点では、沖縄よりは良いです。

ちなみに、那覇市は札幌市よりも家賃が高く、食料品も高く、給料は安いです。

 

デメリット4:除雪が大変

北海道の一戸建てに住むなら、除雪には相当な覚悟が必要です。

個人で、除雪業者に年間10万円以上支払っている人も珍しくありません。

賃貸マンションでも、車の周りに積もった雪をかいたり、ちょっとした雪かきは、どうしても発生します。

また、2021年は、道路の除雪が追いつかずに道路が麻痺してしまった。というニュースを見たことがあるかもしれません。

これは個人ではどうしようもないことですが、大雪が降った場合、除雪が追いつかなくなり、交通が麻痺してしまうことがあります。

デメリット5:JRはよく止まる

北海道のJRは、大雪の影響で年に何度も運休になったり、ダイヤが乱れたりします。

地下鉄は、地上区間にもシェルター(屋根)があるので、雪で遅れることはありません。

札幌市で電車通勤するなら、JRの駅チカではなく、地下鉄の駅チカにする。というのが市民の常識になっています。

デメリット6:通販が届くのが遅い

北海道は、物理的に距離が遠いので、通販が届くのが遅いです。

本州+1日程度を見ておく必要があります。

ただ、沖縄とは違って追加料金はかからないショップも多いです。

本の発売日も、本州よりも2日ほど遅れることが多いです。

デメリット7:国民健康保険料が高い

北海道に移住して、社会保険に入らない場合、国民健康保険に加入しなければなりませんが、北海道の国民健康保険料は、高い市町村が多いです。

国民健康保険料は、高齢化が進んで医療費がかかる地域ほど高くなる傾向があります。

北海道の田舎の方は、上位にランクインしているところが多いので、要注意です。

札幌市なら、特別高いわけではありません。

 

北海道移住をやめとけばよかったと、後悔している人の声

北海道移住をやめておけばよかったと、後悔している人の声をいくつか紹介します。

・車が必須で、車移動であったとしても、一つ一つの店や施設の距離が長いので、移動が大変です。北海道の広さをナメていました。

・札幌なので公共交通機関はそれなりに充実しているのですが、東京に比べると料金が高く、交通費がかさみます。

・地元に帰る時は必ず飛行機です。お盆や正月はチケットも高く、帰省にかかる費用がばかになりません。

・現地で仕事を探しているのですが、条件の良い仕事がなかなかなく、早速生活が苦しくなってしまっています。やっぱり良い仕事がないと、移住生活を気ままに楽しめません。

・雪かきが想像以上に大変で、早く帰りたいです。こんなに大変だとは思いませんでした。現地の人はお年寄りでも平気な顔でこなしていますが・・・。

・雪道の運転に慣れていないので、冬場の運転が怖いです。一度スリップしてぶつけてしまいました。

北海道移住で後悔しないために

北海道移住のメリット、デメリットは、食が美味しい、自然が豊富、冬が厳しい、暖房費がかかる、など、比較的多くの人がイメージできるものです。

ですから、ここで紹介したメリット、デメリットを理解しておけば、移住して後悔することは少ないでしょう。

また、北海道は田舎の方でもあまり閉鎖的ではない地域が多く、「北海道の○○に惹かれて移住しました。」と伝えればあたたかく迎え入れてくれることが多いです。(もちろん、個人差はあるでしょうが)

北海道の田舎の方は、想像を絶するような田舎が普通にあるので、移住するなら、札幌近郊をおすすめします。

札幌近郊でも、その他の都市にすんでいた人からすれば、ちょっと行っただけで広大な自然が広がっているので、十分に移住生活を満喫できることでしょう。

北海道移住支援金

東京圏から北海道に移住する人には、移住支援金精度があります。

単身だと60万円、2人以上世帯だと100万円です。

東京圏に住んでいる期間や、就業先など、さまざまな条件があるため、詳細はこちらのページをご覧ください。

https://hokkaido.saiyo-job.jp/2jhy/recruit/

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする